塗るだけでは意味が無い?バストアップ用のクリーム

引き締め化粧品があるだけに、ふくよかにする化粧品もあって不思議ではないですが、バストアップする化粧品とは、ずいぶんと大胆な触れ込みですね。

脂肪細胞を増やすボルフィリンという成分配合だそうで、ある意味とても分かりやすい商品ですね。下腹部やアゴに塗ってみれば効果は一目瞭然なのですから。

本当に効果があるとしたら、たちまち二重あごや二段腹になるわけです。もちろん、バストアップ目的で買ったのならアゴや下腹部には塗らないでしょうが、バストアップという、成長期を過ぎた女性のバストを大きくしようという謳い文句の無謀な化粧品なら、それくらいの危険度がなくては務まりません。

ポイントはそこなのでしょうか?「間違ってもアゴや下腹部に付かないように」と注意しながら、「このクリームが付いた箇所は、たちまちサイズアップしてしまう。バスト以外に付いたら大変」といった、いわば劇薬を扱うつもりで臨んで使用すると良いのでしょうか。

個人的な意見ですが、ダイエットに高額な費用をかけると痩せやすくなるのです。思い込みが大切ということですね。

ただ、あくまでも「塗るだけで」ではなくマッサージや補正下着による肉の固定にプラスしたケアとして使用するなら大いに期待して良いかと思います。

皮膚の上から塗るだけで脂肪細胞を増やすというのは、あまりにも無謀すぎるし、もしも本当なら商品のパッケージにも「このクリームを塗布した手は、よく洗い流して下さい。さもなくば明日の朝にでも指輪が喰い込み、うっ血を起こしています」くらい赤い字でデカデカと書いてあるはず。

そんな商品在りませんよね

バストを吊り上げる筋肉を鍛えて、肉が下腹部や脇に逃げないように適度に固定できる下着を着けて、夜にはマッサージしながらバストアップ用の化粧品を使う…と、あくまでもプラスアルファのケアにしておきましょう。

どのバストアップ用の化粧品にも、肌のキメを整えて弾力を与える成分も配合されています。基礎化粧品と同じように、大切なバストをもっと美しく!というようにケアする商品の一環と考えて使う方が良さそうです。

オススメのバストアップクリーム一覧

バストアップクリームの効果の不思議

バストは主に成長期に大きくなるものですが、成長期を過ぎても体重の変動、ストレスの軽減、体内からの健康、下着による補正、いい刺激となるマッサージなど、実に様々な形で大きくなるのでバストアップクリームも効果があると言えます。

バストアップクリームの成分は、ホルモンの分泌を促す成分、または脂肪を文化して増殖させる成分が配合された物が主流です。

どちらもバストの育成に不可欠ですし、クリームを塗ってバストが数カップアップしたという人も少なくありません。

しかし、疑問なのはバストアップクリームが肌の表皮、真皮、皮下組織まで達して浸透して成分を脂肪組織にまで働きかけたのか?という点です。

お顔に使う化粧品も同じことが言えるのですが、そうそう化粧品は肌の奥まで染み込むものではありません。

肌にはバリア機能というものが備わっていて、外部から有毒な成分の侵入を防ぐために必要な機能で、例えそれが潤い成分でもバストアップ成分でも簡単に肌の深部には外から入れるなんてことはないのです。

ましてバストアップクリームは潤い重視の表皮相手ではなく表皮の奥の真皮のまた奥の皮下組織の下です。どのようにしてバストアップを図るのでしょうか。

今流行りのプエラリアボルフィリンで言うと、プエラリアはバスト育成に必要な女性ホルモンに変わるものを与えてくれます。

女性ホルモンのうちの一つ、エストロゲンという成分を分泌させるイソフラボンが大豆の40倍と言われています。

『プエラリアを配合したバストアップクリーム』と謳う商品は数多く存在していますが、その成分がクリームに加工されて、バストの奥にどう作用するのかという点が重要なのです。その当たりもしっかり加味して選ぶ必要があります。

バストアップクリームの成分

バストアップクリームと称される物はボディクリームと分類されていて、主成分は保湿剤です。

ワセリンや植物油をベースとして、香料、ビタミンなどを加えて通常のボディクリームができあがり、さらにそこに、バストアップ効果の期待できる成分を配合して『バストアップクリーム』という物になります。

バストアップ効果のある成分というと、プエラリアプラセンタボルフィリンコラーゲンイソフラボンあたりでしょうか。現在はプエラリアとボルフィリンが流行っています

その一つのプエラリアはタイ、ミャンマーの森林地帯で自生する豆科の植物で、その植物から採取される植物性エストロゲン(イソフラボン)が大豆製品の40倍ほどだと言われています。

植物性エストロゲンとは、内分泌で造られた女性ホルモンではなく、摂取することによって体内に入ってから女性ホルモンのような働きをするというものです。

その植物性エストロゲンを豊富に含むプエラリアをクリームに加工してバストアップクリームとして流通しています。

バストの中身は90%の脂肪と10%のコラーゲン質でできた乳腺で、育成に必要なのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは、バストの大きさはもちろん肌のハリやツヤも左右する非常に貴重な物質でありながら、歳と共に著しく減少していきます。

肌のハリやツヤは表面から保湿性の高い化粧品で補えても、バストは女性ホルモンという、とても複雑で繊細なものが必要となってきます。

そうした手助けを行うのが植物性エストロゲンを含む成分なのです。

もう一つがボルフィリン。こちらは脂肪を蓄えて蓄積させる作用があります。バストの中の90%が脂肪でできているので、ボリューム不足なバストやヒップには効果的とされています。

成分はユリ科のハナスゲから抽出したササポゲニンというもので、塗布した箇所の脂肪細胞を刺激して増殖させる作用があります。

このボルフィリンの歴史は浅く、ごく最近流通し始めたので副作用などもはっきりしませんが、プエラリアを凌ぐ勢いで知名度を上げています。



朝と夜にバストにボルフィリンクリームを1カ月使用して、6.6%バストアップしたという報告も出るほどです。

個人差はありますが、塗った箇所の脂肪が増えるということは確かなようです。

ボルフィリンクリームには引き締め成分も配合されていることが多く、ボリュームを出しつつ、ハリのあるバスト作りを目的とした物が主流で、さらにプエラリアとボルフィリンどちらも配合されているクリームもあります。

オススメのバストアップクリーム一覧

バストアップクリームとエストロゲンの関係

バストアップには女性ホルモンが重要な鍵を握っています。特にエストロゲンプロゲステロンは違った作用でバストアップを促進させます。

バストアップのために重要なことは、まず乳腺が増えることです。そのためにプロゲステロンはその乳腺自体を作り上げる働きがあります。

そしてエストロゲンは乳腺を発達させてくれる働きがあるのです。このように2つの女性ホルモンがバランス良く分泌することがバストアップには大切と言われています。

バストアップマッサージはプロゲステロンによる乳腺形成と、エストロゲンによる乳腺の発育作用をサポートしていくものです。

バストアップマッサージは血行が良くするため、代謝が高まり細胞の再生が活発に行われ、乳腺の増量に効果があります。

そしてバストマッサージを行う際には、より肌から有効成分を吸収させるために、エストロゲン配合のバストアップクリームがおすすめです。

エストロゲンは弾力のある肌をつくり、バストの外からも美しいバストづくりのお手伝いをしてくれます。キメの細かい、弾力のあるバストのためにもおすすめです。

バストアップクリームに使われるボルフィリン

今人気のボルフェリンがバストアップクリームに使われているとのこと。このボルフェリンはどのようなものなのでしょう。特にバストアップ業界では最近注目されている成分なのです。

今までのバストアップクリームは女性ホルモンの働きをサポートするため、エストロゲンに酷似した分子構成をもった成分が含まれているものが主流であり、そこに美しいバストの肌をつくる成分がプラスされたバストアップクリームが殆どでした。

しかしボルフィリンはエストロゲン様の成分とは違い、細胞の分化作用、増殖作用がある成分なのです。

そのためボルフェリンはバストの中で乳腺の発育、発達、増殖をサポートをしてくれます

バストアップのためには、乳腺を形成し増やすことがとても重要ですが、細胞の分化作用や増殖作用の高いボルフィリンは、バストアップには最適な成分とも言えるのではないでしょうか。

特にバストアップクリーム使用してバストアップマッサージを行うと毛穴も開き、皮膚細胞から中に成分が浸透しやすくなるためおすすめです。

毎日ボルフィリンを皮膚から吸収させることで、バスト内の乳腺増加効果も次第に感じられるようになるのではないでしょうか。

バストアップにはバストアップサプリもおすすめですが、それと並行してバストマッサージを行うと、より効果的と言われています

是非成分にこのブルフィリン配合のバストアップマッサージクリームを使用して、バストの中の乳腺を発達させるようにしましょう。

バストアップクリームにバニリルブチル

バストアップクリームには、女性ホルモンそのものに似た成分が配合され、女性ホルモンの働きをサポートをするものが主流です。

しかし最近新しい成分であるバニリルビチルという、乳腺の増殖を高める成分が配合されているものが人気となっています。そしてもう一つ今注目の成分が、バニリルブチルという成分です。

これはシュークリームなどに使われている、あのバニラビーンズに含まれている成分なのです。

あの甘い香りのバニラビーンズから抽出されたバニリルブチルという成分は、肌に塗るとその部分がホカホカと暖かくなるとのこと。

つまりこのバニリルブチルという成分には血行促進作用があり、マッサージにはとてもおすすめの成分と言われているのです。

エステサロンなどでも使われていますが、バストアップクリームにも配合されているものが増えています。

バニリルブチル自体は少し刺激性があり、傷のあるところなどは少し刺激があります。しかしバストアップのためには代謝アップはとても重要なこと。

そのため女性ホルモン様のプエラリアや、乳腺などの増殖を促進させるボルフィリン、そしてこのバニリルブチルがすべて含まれているバストアップクリームなども人気です。

バストアップマッサージはできるだけ毎日きちんと続けることが大切で。

いくら成分的に理想的なバストアップクリームを使用しても続けなければ効果は期待できません。毎日の努力が美しいバストをつくると言っても過言ではないのです。

オススメのバストアップクリーム一覧

バストアップクリームの使い方

バストアップクリームにも色んな種類がありますが、売れているのは朝と夜に塗るクリームですね。

バストを大きくしたいというのであれば、確かに使い方が簡単な物よりも少しくらい手のかかる物の方が効く!という感じがします。

バストアップクリームは成分にもよりますが、大切なのはマッサージやブラジャーの選び方で、併用するケアが重要になります。

まず夜ですが、これはクリームに配合される成分が浸透しやすいよう入浴後を指しています。入浴後の肌は余分な角質や油分が落ちていて、毛穴も開いた状態にあるので浸透率が高いのです。

きれいになった肌にクリームを塗ると同時に、周りの肉を移動させます。この時、主成分がボルフィリンのクリームなら塗るのはバストとデコルテ部分だけにとどめておいた方が良さそうです

ボルフィリンは脂肪を増殖させるので、背中や脇腹に塗布してしまうと余計な肉が付き兼ねません。

バスト付近の余計な肉はマッサージで流すこともできますが、ボルフィリンの作用でついた脂肪は蓄積するので、できる限り塗り込むのはバストとデコルテ部分までにしましょう。

デコルテは歳と共に自然と痩せてきます。それは、デコルテの肉は留まりにくく下に降りて来やすいからです。そのため、ボルフィリンを塗布しても問題はないのです。

バスト全体に浸透させるように下から上へと持ち上げながら塗ります。その次にデコルテ部分。ここは、やや中心に向かって鎖骨下辺りからバストの上部分まで流すように塗り込みます

ボルフィリンは脂肪を増やす成分ですから塗った後は必ず手を洗わなくてはなりません。そして、プエラリア。

プエラリアが主成分のクリームは脇や肩甲骨付近にもマッサージが行き届くよう塗っても構いません。

入浴後の柔らかくなった脂肪を移動させるように優しく肩甲骨、脇腹の肉をバストに流します。

この時、プエラリアの成分のイソフラボンは過剰に摂取するのも強いマッサージも良くないので少量で素早く済ませます。

せっかくの移動できる肉が燃焼してしまわないよう優しく丁寧に。その後、デコルテとバストです。下から上、デコルテは優しくバストに流すように塗り込みます。

クリームによって、塗布した後に形を整えるためにブラジャーをするものがあります

ブラジャーも非常にバスト育成を左右するので、締め付けの強い物やサイドベルト、ワイヤーのズレやすいブラジャーは厳禁です。

朝は負担にならない程度に軽く塗り込み、日中、せっかくバストアップクリームを塗ったバストを支えるブラジャーがズレたりしないよう心がけましょう。

バストアップブラは効果はある?

バストアップクリームとボディークリームの違い

今人気のバストアップクリームは塗りながらマッサージをすることで、成分効果とマッサージ効果の相乗効果が期待できます。

そして、よりバストがきれいに大きくすることができるアイテムです。

ではボディークリームとどう違うのか、そしてボディークリームをバストアップクリームの代わりに使っても問題ないのか、また逆にボディークリームはバストアップに効果はないのでしょうか。

まずボディークリームはバストアップに効果はないのかということですが、実はある意味では効果があるとも言えます。

それはボディークリームを使ってバストアップマッサージを行うことによって、バストアップ効果は期待できるといえるでしょう。

では逆にバストアップクリームをボディークリームに使えるかということですが、女性ホルモン様の成分がしっかり含まれているので美肌効果が期待できます。

しかしバストアップクリームには脂肪を分化させて増やす効果があるので、体に使うと脂肪を増やすことになるので、毎日使い続けるのはいかがでしょう。

体のメリハリを付けたいなら、ボディークリームとバストアップクリームはしっかり使い分けることが必要です。

最近人気のバストアップクリームのほとんどのものに、ボルフィリンプエラリアが含まれています。

プエラリアはマメ科の植物でバストアップの定番となっており、女性ホルモン様の成分で乳線に働きかけると言われています。

そしてこれは美肌成分でもあるわけです。そしてプエラリアはバストアップサプリやクリームに使われ多くの女性のバストアップには高い実績のある成分です。

またボルフィリンは脂肪を分化させて増やす効果が高いと言われている成分ですが、ボルフィリンによって増えた脂肪は減少しにくいという、バストアップには嬉しい成分と言われています。

このボルフィンとプエラリアが配合されているバストアップクリームでマッサージをしたら無敵と言えるほど効果が期待できるのではないでしょうか。

やはりボディークリームとはまったく別のものとして考える必要があるようです。

オススメのバストアップクリーム一覧

バストアップジェルの魅力

バストアップジェルはバストアップ効果の高いジェルですが、それだけならバストアップクリームと同じです。しかしバストアップジェルには、バストアップクリームにない魅力があるのです。

それがヒンヤリとした感覚なのです。ジェル独特のヒンヤリ感がお風呂で温まった体に付けるときや、夏の使用には抜群に心地良く、毎日のマッサージが楽しみになるほど。

そして使った後もクリームよりサラッとしたいい感じ。バストアップクリームのベタつきが嫌いな人にも是非おすすめです。

バストアップジェルの魅力はそれだけではありません。やはり価格的にも安いお得なものが多く、手軽にバストアップに挑戦することができます

やはり、バストアップは毎日の使用を続けることが大切です。そこであまり高額なものではなかなか効果を感じるまで続けることができません。

やはり使いやすさには価格も関係してくるのではないでしょうか。使って気持の良いバストアップジェルは、価格面でも安心して使える魅力があるのです。

安いバストアップクリーム、ジェルの盲点

バストアップ化粧品に使われる成分は幾つかあります。その時その時で流行りや注目度によって主成分と表記される物が変わっているようでも、実際のところは過去に流行った成分も配合されているし、いかにも主成分と表記していても実は主成分ではなく少し配合してあるだけという事もあるので、謳ってある成分に惑わされるのも無駄な事と言えます。

オイルなら別ですが、大抵のクリームやジェルは『◯◯クリーム』という商品名でも、その成分が量の大半を占めるわけでもなく、特にバストアップ用では肌にハリを与える成分の方が多いのです。

バストが大きくなるのに必要な女性ホルモンは、簡単に塗る化粧品で補えるものではありません

女性ホルモンの分泌を促す成分は、クリームやジェルに配合したとしても、ほんのごく僅かばかりであり、効果も人によりけりです。

そして、今流行りのバストアップ成分のプエラリアは、数千円のクリームやジェルに配合するには少し釣り合わない品物です。

非常に希少価値の高いこのプエラリアミリフィカという植物はタイから輸入されて日本の製薬会社で加工されてバストアップクリーム、ジェル、サプリメントなどに加工されて安くなるのです。

その安く加工できる原材料のプエラリアは上質なプエラリアとは限らず、むしろ早くに収穫した物だったり、良い状態で育っていない物だったりと、まさにピンキリです

品質にこだわる植物なのですから、数千円のクリームやジェルにバストが大きくなるほどの成分が入っているかと言うと、疑問ですね。

そもそも、プエラリアは食べていた人達のプロポーションが良かったから注目されたのですから、どう加工しても塗るよりも食べた方が良いのです。

まさに成分の流行り廃りと飛び交う情報に惑わされて、変な商品が次から次へと出てきたという状態です。

バストアップ化粧品は、乳腺が発達するよう優しく肌をマッサージしながらハリと潤いを与える成分だけで充分機能してくれます。

バストアップクリームやジェルをお探しならボロンやプエラリア、ボルフィリンよりも、スッと爽やかで心地良い香りで、保湿性の高い物が良いでしょう。

バスト周辺から肉を寄せてマッサージし、香りが副交感神経の活動に切り替えさせ、ホルモンバランスを整えればバストもボリュームが出てくれます。

「塗ってバストを大きくするだけ」という概念は少し忘れましょう

外側からのケアもなければ難しい

バストアップのためにマッサージは欠かせません。血行を良くして代謝を高め乳腺を増加させなければならないからです。

その際に肌に有効成分を与えて効果的にするためにクリームが必要になってくるのです。

クリームを買って付ければ大きくなる訳では有りませんがバストアップのためにクリームは必ず必要になってくるのです。

ではどんなクリームを選べばよいのか?それはバストアップの為の有効成分が配合されているもの保湿がしっかりできるものを選ぶ必要があります。

より効果的にバストアップをするためにはしっかりとした成分が配合されており、より浸透しやすくなっているものでなければ意味がありません。

表面だけに働きかけてもバストは一向に大きくなる訳が無いのです。

バストアップに効果的な成分は「プエラリア」「ボルフィリン」をはじめ色々な成分が認められています。

それらの質や量などを見極めてバストアップクリームを選びマッサージすることがバストアップには欠かせない要素なのです。クリームなしでバストアップを目指すのは難しいはずです。

オススメのバストアップクリーム一覧

口コミで人気やランキング上位のクリーム

バストアップアイテムとして欠かせないバストアップクリームも多くの商品があります。どれが良いのか?と迷うほどバストアップクリームは世に出回っています

安価なクリームから高額なクリーム、何がどう違うのかさっぱり分からないという人も少なくないと思います。

価格が高ければ効果が期待できる訳では当然ありませんし、どのように判断すれば良いのか迷うところです。

そんな時に役立つのはやっぱり口コミというすでに利用された人の貴重な意見ではないでしょうか?安価なクリームを購入だとしても無駄な買い物はしたくありませんからね。

多くの人がそれなりに効果があったと言われる間違いない商品を選びたいものです。そこで口コミで高評価な商品をいくつか挙げてみたいと思います。

その中から自分に良さそう、バストアップの助けになりそうという商品を選んでみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)