基礎が重要!バストアップの為にバストを知る

バストアップに挑戦するためにはバストの仕組みを知っておいた方が良いと思い、バストについて調べました。大きさや形には個人差がありますが、それは乳腺の発達皮下脂肪の量によって決まるそうです。

また、女性ホルモンの分泌量に乳房の張や弾力に多きな違いが出てきます。ちなみに乳腺とは乳汁をを分泌する器官でコリコリとした触感のそれが乳腺です。

乳房は一般的に180から230立方センチメートルの容積があります。

バストの形

個人差のあるバストの形は大きく分けて6種類あると言われています。私は①番の皿型と呼ばれるバストの形だとおもいますが、みなさんはどんな形でしょうか?皿型は薄い盛り上がり程度のバストの事を言います。

②番のお椀型と呼ばれる形が世の中で理想的とされています。③番は②番ほどと半円はありませんが良いとされてます。

④番もセクシーな形として良いとされていますが、垂れやすいという欠点があるそうです。それでも私にとっては羨ましいです。

⑤番はすでに垂れ下がっており、⑥番は私に近いのですが盛りが少ない乳房です。

平均バストサイズが上っている?

日本人のバストのサイズが徐々に上がってきているらしいのです。私の貧乳が余計に~。でもこれは事実らしいのです。ブラジャーの売れ行きを見ればどのサイズが一番多いのかが分かるのです。

ブラジャーの売れ行きは一昔前までは私と同じAカップが一番売れていたのですが、現在はBカップが一番売れているみたいです。

しかもCやDはもう珍しくもなんともありません。中にはCカップが一番売れているショップも少なくないみたいです。

いったい、私を置いてどこまでバストは大きくなるのか?私の不安とは裏腹にどんどん私の貧乳が目立ってきてしまいます・・・。

バストアップブラは効果はある?

バストアップとデコルテの関係

デコルテがガリガリしているイメージでは、バストも小さく見えてしまいます。

やはりバストアップを考えるならデコルテもふっくら豊である方が、美しいバストをイメージさせてくれるのではないでしょうか。

昔は鳩胸と言われ嫌われていたこともありました。いわゆる鳩のように首の下からふっくらしているという形容詞です。



しかし現在はバストが大きい方が美しいという美的評価なので、デコルテがふっくらしている方が人気です。

とは言ってもデコルテをふっくらさせるのはとっても大変です。バストアップより難しいかもしれません。

例えばシリコンバックによる豊胸手術などをしても、デコルテがガリガリではおわんを乗せたようなバストになってしまいます。

そこでデコルテを豊かに見せるのは、体重を少し増やすという方法があります。またデコルテを美しくする方法として、マッサージでデコルテの血行を良くして美肌にしていくものです。

他にも大胸筋を鍛える筋トレも1つの方法ですが、どれも短期間にデコルテが豊かになることは難しいでしょう。

筋トレでバストアップ

太るとすぐに鎖骨が見えなくなりますが、体重を増やすことが一番簡単にデコルテを豊かにする方法というのも、ちょっと皮肉なことです。

そこで、もう一つの方法としては目の錯覚を利用して、デコルテ部分の皮膚を艶やかにすることです。それによって光の反射が作用して、貧相なデコルテでも気にならなくなります。

パーティードレスなどを着るときには、デコルテにラメを付けるという方法もあるほどです。

夏などデコルテが見える服を着るときにも、肌のハリのあるデコルテならあまり豊かでなくても気になりません。そこでデコルテの肌ケアも大切ではないでしょうか。

特に乾燥がひどい場合はガサガサした感じがあり、バストまで貧相に感じてしまいます。そのためヒアルロン酸などが十分配合された美容液などを使用しましょう。

特にデコルテは顔の延長と考え、ボディーローションだけでなく、顔に使うケア製品を利用すると寄り効果が高くなります

カッコイイ服が着たい!

バストアップは乳腺を発達させることが重要

バストアップには女性ホルモンを多く分泌させるか、それと同様の状態に持っていくことが大切です。そしてもう一つ、乳腺を発達させることも重要となります。

バストの大きさは乳腺の量によるということをご存じでしょうか。確かにバストの成分のほとんどは脂肪です。しかし脂肪以外、乳腺の量によってがバストの脂肪の量にも影響があります。

乳腺とは胸の中の組織であり、母乳などを出すための管です。バストを触ると少し固めの存在を感じますが、これが乳腺です。

妊娠すると出産に向けてどんどん乳腺が発達してきます。バストの成分としては脂肪は90%、乳腺は10%と言われています

乳腺の発育とともに、乳腺の先にある乳腺葉が大きくなります。そしてそれとともに、回りに付く脂肪も増加するのです。

きれいなバストは乳腺型バストと言われ、乳腺の量が多くその周りにしっかり脂肪が付いています。

このタイプはバストだけが大きくなるタイプで、痩せているのにバストが大きい人は大体このタイプです。垂れにくく、形の良いバストが多いとも言われています。

もう一つは脂肪型バストというタイプですが、これは乳腺が少なく脂肪が多いというタイプです。

太った人に多いタイプで、男性でも太っているとバストが大きくなります。これと同じで体と同時にバストにも脂肪が付いているというタイプです。

バストだけでなく胸板、背中などにも脂肪が付いているタイプで、決して魅力的なバストとは言えません。

このようにバストにも2つのタイプがあり、できるだけ乳腺型バストとして大きなバストを作りたいものです。だからこそ乳腺の多いバストをつくりましょう。

では乳腺を増やすためにはどうしたらいいのでしょう? まず乳腺をつくるにはプロゲステロン、つくられた乳腺を発達させるのはエストロゲンが必要です。

つまりバランスの良い女性ホルモンの分泌が一番重要なのです。そしてアミノ酸も乳腺そのものの素材として必要になります。

これらをしっかり補給するために、バストアップサプリのサポートもおすすめです。

バストアップサプリとは?

バストアップはエストロゲン分泌によって決まる

エストロゲンというと女性ホルモンの1つですが、美のホルモンとも言われています。体の成長を促し特に女性らしい体をつくるためにも働くホルモンです。

特にバストアップにかかわるエストロゲンの作用としては乳腺を発達させる効果があります。乳腺とは母乳をつくる組織であり、バスト内に存在しているものです。

バストは脂肪で出来ていると言われていますが、実は脂肪の他にも乳腺やクーパー靱帯などが存在しています。そして乳腺の量によってバストの大きさは変化していくのです。

そのため乳腺が増えれば自然とバストは大きくなります。そして乳腺は思春期になって女性らしい体になり生理が始まり、エストロゲンの分泌が増える頃からバストは大きくなりだします。

そのため女性ホルモンの分泌が急増する10代半ば~20代前半までのバストは大きく変化するのです。

そしてバストの大きさは20代前半を過ぎるとある程度成長は低下していきます。しかしそれからでもエストロゲンの分泌が多くなれば、またバストアップは十分期待できるのです

そこでエストロゲンを摂取するという方法があります。もちろんエストロゲン注射をすれば、バストは急激に大きくなり体は女性らしくなっていきます。

しかしホルモン注射はよほどの理由がなければ副作用もあり注意しなければなりません

そこで植物性エストロゲンとも言われている、分子構造が酷似している成分を含む食品を摂取することもバストアップ効果があります。

代表的なものでは大豆イソフラボンがあります。さまざまな大豆製品から摂取でき、特に日本では豆乳や味噌、豆腐、納豆など摂取できるチャンスが多くある成分です。

また現在バストアップサプリに含まれている人気の成分というと、プエラリアがあります。

もちろんプエラリアだけでなくザクロなどにも同じ成分が含まれており、それらを配合したバストアップサプリも出まわっています。

これらはバストアップだけでなく美肌にも効果があり、更年期障害の改善にも効果もあるのです。

バストアップには皮下脂肪が重要?

バストアップには皮下脂肪が重要だと言われています。脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、当然バストを大きくするために必要なのは皮下脂肪です。

その理由はバストの大半が皮下脂肪でできているからなのです。そのため皮下脂肪をたくさん蓄えればバストも大きくなります。

ただし皮下脂肪を溜め込めば単に太るだけです。それとともにバストにも脂肪がより多く付くということになります。

しかしそれは多くの女性が求めているバストアップとは少し違うのではないでしょうか。実際には細いボディーにウエストのくびれ、そして豊かなバストが理想のはず

そのために一番大切なことは、バストの中の乳腺を増やすことなのです。

乳腺が増えれば自然と皮下脂肪はバストにたっぷり付くようになります。確かにバストの大半は皮下脂肪でできていますが、皮下脂肪を体にどんどん溜め込んでいっても美しいバストアップにはなりません。

またダイエットなどで皮下脂肪を落とすと、バストの脂肪も落ちてしまうことはあります。

そういう意味ではとても連動しているので、バストアップを望んでいるなら、あまり過度な運動はお勧めできません

アスリートのように筋肉を付けていくと、どうしても大きなバストはなかなか望めないのです。

そこで一般の人ならダイエットをしながら、バストアップにも効果のある運動をするようにしましょう。

例えばウオーキングなどは、どちらも叶えてくれる理想的な運動の1つと言われています。バストアップのためにも適度に筋肉を鍛えることは、形の良いバストには欠かせないこと。

そのためバストの皮下脂肪を落とさないように、ボディーを美しくダイエットをしていくならウオーキングがおすすめ。

大胸筋などを鍛える運動を取り入れることで、美しく豊なバストとボディーを手に入れることができるのではないでしょうか。

そして毎日のバストアップマッサージや、バストアップサプリなどの摂取も、バストアップのお手伝いとして取り入れたいものです。 

バストアップと血行の関係

バストアップと血行は切っても切れない関係にあります。そのためバストアップマッサージは効果が高いと言われているのです。

例えばバストが大きくなる思春期などに、猫背の人はバストの成長が悪いと言われています。

小学生や中学性のときなど、クラスでも飛び抜けて身長の高い女の子はそれがコンプレックスであり、できるだけ背を低くしたいという気持から猫背になってしまうことも多いようです。

私のコンプレックスは胸が小さい事!

しかし猫背によって血行が悪くなると代謝も悪くなり、老廃物が溜まりやすくバストの成長を妨げてしまいます。大人になってからでも猫背の人は、まず胸を張るようにしましょう。

そして血行を良くするためにはバストアップマッサージや、老廃物を流すリンパマッサージなどもおすすめです。他にもツボ押しなどでも血行を良くすることができます。

また運動によってもバスト付近の血行を良くすることができるでしょう。そして体を冷やさず温めることも大切であり、どんなにマッサージをしても、冷え症であれば効果は半減してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)