意外な食品が!バストアップのための食生活

バストアップを望むなら食生活も考えるべきではないでしょうか。どのようなものがバストアップのために必要なのか、どのような食品によって摂れるのかなど考えてみましょう。

まず基本的には栄養のバランスの摂れた食生活は重要です。それを基本として、その上でどのようなものを多く摂るといいのか、摂らないようにするかなどを考えましょう。

まず冷たいものはできるだけ避けるようにしたいものです。体が冷えてしまうことで代謝も低下していきます。

それによってホルモン分泌も悪くなり、従ってエストロゲン分泌も下がってしまいます。体を温めるためには温かいものを食べるようにしましょう。

特にショウガは体を芯から温める効果があるので、温かい紅茶に絞り汁を入れたり、食事のメニューにショウガをどんどん使うようにしましょう。

次にやはり大豆イソフラボンの効果は毎日の食事から簡単に摂れる成分です。毎日欠かさず豆腐や納豆などを摂取しましょう。

特に1日豆腐半丁、納豆1パック程度は摂取したいものです。また豆乳などもコップ一杯程度の摂取もおすすめです。

そしてバストをきれいに垂れないようにするためには筋肉を付けることも大切です。そのためには鶏のササミや胸肉がおすすめです。

脂肪が少ないのでタンパク質を多く摂ることができるでしょう。実際にバストは多くは脂肪でできているので、脂肪を少し多めに摂るとバストアップには効果的です。しかしこれは肥満にもつながります。

またバストが大きくなるためには乳腺が増えることも大切です。そのためにはエストロゲン分泌が必要ですが、それとともにアミノ酸も重要です。

そこでアミノ酸もしっかり摂取したいものです。そのためにも肉や魚にはアミノ酸も豊富だと言えます。

またよく言われているように、ボロンはキャベツに多く含まれているので、野菜を食べるときにはキャベツも忘れないように摂るといいでしょう。

他にもリンゴにも多く含まれているので、リンゴをフルーツとして摂取しましょう。

美しくバストアップさせる食べ物

美しいバストは、きれいな肌と同様に生活の全てが関わります。まず、バストと女性ホルモンの関係は知れたことですね。

女性ホルモンはとてもデリケートですぐに偏り、周りはバスト造りの妨げも多く、ストレスの多い現代人には少し難しいと言えますが心掛け一つで女性ホルモンの分泌を活発にすることができるのです。まずは食生活から変えるのが一番手っ取り早い方法です。

バストアップする方法

食べ物は直接体内に入れて吸収されるという、本来なら真っ先に行うべき改善点なのです。

女性ホルモン分泌を促す食材と言えば大豆製品ですが、日本人は古来から大豆に慣れ親しみ体も摂り慣れていることから、とても簡単にできる食生活改善と言っても過言ではないでしょう。

豆全般に言えますが特に大豆に含まれるイソフラボンの量は多く、女性ホルモンと似た働きをします。

それだけでなく、ビタミンBも豊富で精神安定効果もありストレスに強くなることで自律神経の調子を整えてくれます。

自律神経が乱れれば副交感神経の働きが活発になり女性ホルモンの分泌の大きな妨げになるのです。

そして、女性ホルモンの働きを活発にさせる成分と言えばボロンというミネラル成分。タレントが、毎日キャベツを食べて胸が大きくなったと言ったのが始まりでしょうか。

それも10年くらい前の話ですが、この話は鉄板になりつつあります。その、ボロンを多く含む食材はキャベツ、レタス、りんご、桃、レーズン、大豆、海藻類…と、一度に多く摂取しないにしろ努力すれば多く採れる食べ物ですね。ボロンは熱で栄養素が破壊されるので注意が必要です。

しかし、ボロンを取れないにしろこれらの食材を心掛けて摂るということで体内のバランスも良くなり女性ホルモンだって正常に分泌されることでしょう 。

もう一つがタンパク質。バストの中身は脂肪だけでなく乳腺というタンパク質でできたものがあります

この乳腺はもちろん、バストの奥にある大胸筋もにもタンパク質は大きく関係していて、胸を引き上げている筋肉です。

よく、マッチョな人がタンパク質を多く含む鳥のササミや卵白を食べていますが、まさにそれであり筋肉を作るのにも必要な成分なのです。

良質なタンパク質を摂取することもバストアップには欠かせません。他にもタンパク質はヒレ肉、鮭、鯖、マグロなど、脂身の少ない部分に多く含まれています。

健康的でヘルシーな食生活を送れば間違いはないということですね。イソフラボンやボロンでバストを大きくするよう促し、タンパク質でバストを造る…と言ったところでしょうか。

バストアップ効果アリの食べ物、飲み物

これを食べると、飲むとバストアップする!というよりも、食物に含まれる成分が大きなポイントになります。

実際、今サプリメントやクリーム、ジェルの成分として流行っているプエラリアは、プエラリアを食べていた人達のプロポーションが良かったから研究されたのです

プエラリアは女性ホルモン作用のある植物性エストロゲンが含まれるとして一躍人気を博しましたが、他にもアグアヘも注目を集めています。

アグアヘの採れる地域でニューハーフが多いのも、このせいだと言われているほどですからお墨付きとも言えます。

しかし、それほど強烈な成分でなくても日本国内で簡単に入手できる物もたくさんあります。

例えば、ザクロはエストロゲンが入った果物で、季収穫時期が短く、果物そのものよりもジュースやサプリメントとして簡単に手に入ります。

ボロンの含まれる食べ物といえばキャベツ、りんご、桃、バナナ、海藻類といったように非常に身近な存在であり、どうもボロンという成分が一人歩きしていますが、健康的な食生活を送っていれば、ボロンは多く摂取できます

なので、ボロンに関してはヘルシーで健康的な食事を摂ればクリアしているということになります。

バストを育成するには欠かせないアミノ酸とタンパク質。タンパク質は血や免疫、筋肉、骨を構成する大切は栄養素で、アミノ酸からできています。

乳製品、肉、魚、卵、大豆製品、大豆加工製品で摂取でき、植物性、動物性ともバランスよくとることが理想的とされます。

この中の大豆といえば、植物性エストロゲンを多く含む事は有名ですね。

この植物性エストロゲンの情報で、大豆製品ばかり摂る人が続出しましたが、実はそれではバランスは偏り、バストアップ効果のみならず栄養バランスも乱れます

バストにハリを与えるコラーゲンもアミノ酸なしでは作られません。バストの中の入線はコラーゲン質であり、その乳腺を守るために脂肪で覆われています。

乳腺が多いほどバストはふくよかになります。コラーゲン質を多く含む食品を食べても、ビタミンと一緒に摂らなければ吸収されません

そこで必要となってくるのがビタミンです。コラーゲンの吸収や生成だけでなくビタミンは肌にハリを与え、ストレス解消にも優れています。

そうすることで副交感神経の働きが活発になり、女性ホルモン分泌促進にも繋がります。身近な物でも、バストアップに繋がる栄養素を含む食品で溢れています。

一つだけを多く摂取というより、バランスよく食事をとることが大切なのです。

バストアップサプリとは?

鶏肉はバストアップさせる

鶏肉良質なタンパク質が豊富に含まれていて、バストアップ効果の高い食べ物と言っても過言ではありません

タンパク質が体内に必要不可欠なのは周知の事実であり、タンパク質不足は基礎代謝の低下を引き起こします。

鶏肉とバストアップの関係が深いのは、この基礎代謝だけでなくコラーゲン生成、精神安定にも大きく関わるからなのです。

鶏肉でタンパク質が摂れるといっても、口当たりの良いモモ肉ではなく、脂肪分の少ないササミ部分

どちらかと言うとボリュームやジューシーさに欠けて、あまり人気の部位とは言えず調理された物で流通しているのは殆どモモ肉か胸肉で、ササミはそれほど見かけません。

しかし、このササミが含むタンパク質は百g中に23mgととても多く、皮なしのモモ肉は100g中18mg、皮なしの胸肉は100g中22mgと、あまり陽の目をみない部位なだけにちょっと意外ですね。

ちなみに、せっかくのモモ肉や胸肉など、一般的に多く出回っている部位も、皮が付いたままではタンパク質含有量が低下します。これは、動物性脂肪がタンパク質の吸収を妨げるからなのです。

せっかくの鶏肉のタンパク質も、食べ合わせ一つで体内に吸収される量が減るので気をつけたいものです。

鶏肉のタンパク質と相性の良い食材が、卵の白身、青魚、バナナが挙げられます。格闘家やボディビルダーが鶏ササミと白身のオムレツを食べているのですが、まさにそれです。

筋肉を基盤とした身体作りで良質なタンパク質摂取を心がけて、あのような極端な食生活をしています。バストアップとなると、そこまでは徹底しなくても良いですが…。

筋肉は血流やリンパの循環を良くして体内の活動を活発化させ、脂肪の付きにくい身体を作るといったイメージであり少しバストアップから逸れているようでも、筋肉作りだけではなく、脳の働きを活発にすることでホルモン分泌を促します

そして、バストにとって大切なコラーゲン生成もしてくれます。乳腺という、バストの大きさを左右する繊維質の物で、一般的にはバストの大きい人は乳腺が多いと言われています。

そのバストを支えるのも筋肉であり、筋肉生成にはタンパク質…といったように、様々な要因でタンパク質の豊富な食材と、鶏肉が良い!との情報が出回ったのでしょう。

鶏肉だけでなく、タンパク質吸収を助ける卵、ビタミンB群、色んな食材を使った食生活を送れば、スリムな身体にふくよかなバストも夢ではないということでしょうか。

バストアップと乳製品の関係

バストアップと乳製品の関係はとても深いといわれています。乳製品はバストアップに必要な筋肉と脂肪を同時に付けるというバランスが抜群なのです。

バストは脂肪がほとんどなので、当然脂肪が増えなければなりません。バストだけを考えると脂肪90%、乳線のタンパク質10%

しかし脂肪だけではただの脂肪の塊になってしまいます。そこにはしっかりとした筋肉がバストの土台を作り、バストを上に引き上げるという働きがあるからこそ美しいバストができるのです。

この2つが絶妙にバランスよく摂れるのが乳製品なのです。特に乳製品の中でもチーズはバストアップに高い効果が期待できるのです。

チーズは牛乳を発酵させたものなので、栄養的にもタンパク質と脂肪が豊富なので、バストアップにはとてもおすすめなのです。

また脂肪の他にも乳線を増やすためにはタンパク質も当然必要となります。チーズにはタンパク質も含まれており、抜群のバストアップ食品と言えるのではないでしょうか。

バストアップにはコラーゲンも重要

バストアップにはコラーゲンも大切です。特に胸のハリはコラーゲンやセラミドなどの美容成分の生成が重要になります。

まずコラーゲンとはタンパク質の一種で人間の体の中で生成されるものです。そして皮膚細胞や骨、血管、関節部分などにも含まれている成分です。

またコラーゲンには臓器の形を保つ成分だったり、細胞同士を接着する働きもあります。また関節の間にあり、潤滑油のような働きもあるのです。

そして肌細胞の真皮層ではコラーゲンが網目のように張り巡らされており、そこにセラミドなどのいろいろな美肌成分が絡まっているという状態です。

コラーゲンの生成が順調なときには、肌細胞の中のコラーゲンの網目もハリがあり肌のハリやツヤをつくっていますが、生成が減ってくると網目も緩くなりシワやたるみになっていきます

コラーゲンはこのように美肌効果が高く、バストをみずみずしくハリのあるものにしてくれるのです。

そしてバストアップのためには、バストを大きくする乳腺や脂肪、そしてバストの形を整え支えるクーパー靱帯、そして筋肉と皮膚すべてのケア必要になります。

この5つを1つのバストアップケアと考えて行うことが大切なのです。

そのためには筋肉を鍛えるバストアップ運動や、血行を良くしてリンパ液をスムーズに流すためのバストアップマッサージ。

そしてそれに使用するコラーゲン配合のバストアップクリーム、または肌ケアクリームなども是非おすすめです。

そしてバストアップとコラーゲンを意識した食事とバストアップサプリも欠かせません。これでコラーゲンたっぷりハリのあるバストアップが期待できるのではないでしょうか。

食材におすすめ・キャベツなどの野菜について

バストアップのための食材として、タンパク質やミネラル、エストロゲン様の成分などを含むものが人気です。

そしてもう一つキャベツなど、バストアップのための野菜も意識して食べるようにしましょう。まずバストアップのための野菜というと、キャベツが思い浮かびます。

キャベツはその中にあるボロンという成分がとても多く含まれています。このボロンはエストロゲンの分泌を促進する効果があるのです。

そのためエストロゲン分泌を増やすことができ、バストアップが期待されるとのこと。サラダを食べるならレタスよりキャベツにこだわってみるといいのではないでしょうか。

またこのボロンは、ブリッコリーにも含まれています。特に茎の部分に多く含まれていますが、ボロンは熱に弱いため、生のブロッコリーの茎を薄く切って食べるようにしましょう。ボロンは酸化しやすいので、新鮮なものであることが大切です。

ちなみにボロンは野菜だけでなく、アーモンド、レーズン、桃、リンゴ、ハチミツなどにも含まれているので、上手に組み合わせて摂取してもいいのではないでしょうか。

キャベツサラダにブローコリー、それにレーズンにアーモンドを入れたサラダなど抜群のバストアップサラダということになりそうです。

またボロンだけでなく、人参に含まれるβカロテンもバストアップのためにはおすすめです。βカロテンは皮膚や粘膜を美しく保つ効果があります。しっとりとした張りのあるバストを作るためには人参はとてもおすすめなのです。

アボカドもビタミン、ミネラルが豊富なので、バストアップに必要な鉄や亜鉛も摂ることができます。

インスタント食品などは亜鉛を減らしてしまう成分が含まれているので、インスタント食品を多く摂る人はこのようなミネラル豊富な野菜を、しっかり摂ることがバストアップにも重要なのです。

ほうれん草は皮膚をきれいに保つビタミンAや細胞を若く保つビタミンE、そしてバストアップに必要な鉄分が豊富に含まれています。

またイソフラボン誘導体というエストロゲンに似た働きをする成分が含まれているので、大豆イソフラボンと同じようにしっかり摂取したいものです。

バストアップのための食べ物を考える

バストアップを考えている人は、バストアップクリームなどでのバストアップマッサージは欠かせません。しかしそれだけではなく、体の中から女性ホルモンを高めることが基本です。

バストアップ用のクリーム

そのためにはバストアップサプリなども使用されています。しかしサプリはあくまでも補助食品であり、基本はやっぱり食べ物です。

毎日の食事にバストアップに適した食べ物を意識して食べることがとても重要となります。

まず女性ホルモンを高めるために大豆製品はとても重要です。

大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと酷似した分子構造を持ち、女性ホルモンの代わりをし、エストロゲンの分泌を促進する効果もあります。

そのためバストアップにはとても効果があると言われています。ちなみに女性ホルモン治療がありますが、ホルモン治療はよほど病的なトラブルがない限り医師も勧めません

そのためエストロゲンと似ている大豆イソフラボンの摂取がホルモン治療の効果に近づくことができるのです。ちなみに大豆食品というと豆乳、豆腐、納豆、きな粉などがあります。

同じようにエストロゲンを補給するためにザクロがあります。

バストアップ効果のあるフルーツとしても知られていますが、大豆イソフラボンのようにエストロゲンとよく似た分子構造を持ち、エストロゲンと同じような働きをするために、エストロゲン補給治療をしているような効果が期待されています

しかし効果を感じるほどの量を毎日摂ることはなかなか難しいので、サプリが利用するのが良いのではないでしょうか。



バストアップに必要な栄養素はいろいろありますが、レーズンにはカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルが豊富に含まれています。

特に鉄分や亜鉛はバストアップには欠かせません。レーズンは乾燥しているので、その栄養素も凝縮しています。毎日少量でも食べるようにしましょう。


バストアップにはタンパク質も欠かせません。確かにバストを大きくすることだけを考えれば、脂肪分の多い肉を食べた方がいいかも知れませんが、それでは肥満になってしまいます。

そこで脂肪分の少ないタンパク質を上手に摂って、胸の脂肪ではなく筋肉を付けて、バストの土台をしっかり厚くしていくことも大切です。

そしてバストをアップするための筋肉などがしっかり付けば、形の良いバストになるでしょう。そのため鶏肉やレバーがおすすめです。

レバーはタンパク質だけでなく、バストアップに必要な鉄などのミネラルも豊富なので、よりおすすめと言えるでしょう。

口コミで広がるバストアップする食べ物情報

牛乳を飲むとバストが大きくなるとテレビで誰かが言えば、その情報は瞬く間に世に広がります。そんな情報は今までに幾つあった事でしょう?

今でこそプエラリアが実際に研究まで始まっていますが、過去は牛乳、チーズ、ザクロ、豆腐、キャベツ、鶏肉、その鶏肉繋がりからか鳥の唐揚げまで口コミで広まりました

鳥の唐揚げを除けば、今は廃った響きの牛乳やザクロなんかも全部がバストを作り上げる成分を多く含む食品なのです。

しかし、バストを育成する成分と言っても、それを食べればバストが大きくなるという情報が先走りしているのも事実です。

まず、バストの90%を占める脂肪、その脂肪は牛乳を飲むと…というのも頷けます。

実際にはバストに関係する脂肪よりもカルシウムの方が豊富であり、カルシウムだけでなく栄養素がバランス良く含まれている食品なのです。

もしも牛乳を沢山飲んでバストが大きくなった人が居たのなら、それはきっと元々足りない栄養素を牛乳がカバーして体内のバランスを整えてバスト育成に繋がったのではないでしょうか

カルシウムは骨を丈夫にすると共に、筋力低下やイライラを抑える働きがあるので、牛乳を摂ることで副交感神経の働きが優位になり、筋力も上がりホルモン分泌促進に繋がったのかもしれません

この様に、裏付けが成されるものもあれば、「鳥の唐揚げを食べるとバストが…」という変な情報も飛び交いました。確かに、鶏肉はタンパク質を多く含む食材です。

しかし、そのタンパク質も動物性脂肪と摂取すると吸収されにくくなります。鳥の唐揚げ情報が飛び交った時には、まさに根拠の無い情報であり失笑もので瞬く間に消えました

誰しも、鳥の唐揚げと言えばジューシーな物を想像し、一人として『タンパク質を豊富に含み、かつ吸収の妨げとなる脂肪分はあまり含まないササミの唐揚げ』などと思わないからです。

きっと、唐揚げをよく食べてバストが大きくなった人は、体重増加でバストアップに繋がったのかと思います。おそらく、チョコレートを沢山食べても同じだったでしょう。

豆腐や大豆製品は、イソフラボンを多く含むことからバストアップ食材としても知られています

では、その大豆製品を古来より摂取してきた日本は世界に誇れる巨乳大国か?といえば全く真逆であり、ウエストのくびれもヒップのボリュームさえ乏しい国民です。

バスト育成に大きく影響するのがホルモンですが、直接バストアップに繋がるとも言えないですね。

ザクロ、キャベツなども同じくホルモンに作用する成分も、必ずしもバストアップする食材ではないようです。

確かに、バスト育成にはなくてはならない成分でも、ここぞとばかりに摂取しても、効果が現れるのは身体のどこの部分か?といった、非常に曖昧なものなのです。

大切なのは、情報に左右されることなく自身の摂取している栄養成分を知り、何が欠けているかを見極めて摂取する事です。

みんなどんなバストアップ対策をしている?

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)