そんな役目も!バストアップと下着の関係

ブラジャーはバストを支えることと形を整えるのが目的です。私なんか、特に薄着の時などバストのトップが服に浮くのを防ぐ目的も兼ねていますが。

カッコイイ服が着たい!

ずいぶんと低い位置に浮き出たバストのトップが、顔も背けたくなるほどの不快感を人様に与えてはいけないというエチケットとでも言いましょうか。そして、少しでもバストを高い位置に安定させる目的でもあります

バストアップブラは効果はある?

バストという脂肪と乳腺でできた膨らみは非常に重力に弱く、毎日ブラジャーを着けていても年齢と共に下に行き、形も丸型から縦楕円形になりやすいのです。

しかし、それだけ柔らかく素直なものは下着ひとつで今後のバストを大きく変える事が出来るのです。

下着に関してはよく、「締め付けは良くない。きつい下着は良くない」とは言いますが、ある程度しっかりとサポートしなければバストは垂れ下がるだけでなく中の脂肪も脇やお腹に移動してしまいます

下着コーナーの販売員が言うほど胸の肉があちこちに流れているわけではないのですが、少なくともオシャレなブラジャーではバストに留まるべき脂肪を安定させることはできず、いいとこ見た目と着けている時の位置の確保とトップの浮き出し防止にすぎません。

それはそれで「女子力アップ」という、とても大切なことです。ですが、バストアップに適したブラジャーは見た目にも美しいとは言えません

しかし、脇やお腹に移動しないようにとサポートするためにはそれなりの大判な布の面積と太いストラップが必要です。

少々野暮ったいですが、背中、脇、腹部から寄せて集めた脂肪を胸部という高い位置に安定させるにはベストを尽くしたデザインですね。

少し前までは補正下着はとても高額でしたが今はブラジャーだけで1万を切る商品も多く、太いストラップは相変わらずのようですがデザインや色もそれなりに楽しめます

そして、バストニッパーというカップ部分が付いていないタイプの下着も良いですね。

バストそのものはいつものブラジャーを使用したまま、周りの肉をしっかりとバストに寄せてから大きい範囲でサポートします。

個人的にもバストニッパーはお勧めで、わざわざ野暮ったい補正下着を着けるよりも気に入ったデザインのブラジャーの上から着ければ良いので非常に楽なのです。

下着で行うバストアップは、効果的には物足りないかもしれません。

着けただけで数カップもサイズが上がるとか、とてもハリが出るとか、そういった大きな効果は出ないものの長時間にわたって柔らかい脂肪を安定させることができるので、補正下着は使用するのとしないのでは大きく差が出るのです。

オススメのバストアップ矯正ブラ一覧

一番簡単なバストアップとは?

バストアップと言っても、その時だけ大きく見えるのではなく少なくとも翌日まで効果を実感できるバストアップ方法は、やはり下着でしょうか。

その下着も補正、矯正下着のような幅広い面から柔らかい肉を移動させて固定するような、あまり着け心地の良くないタイプの物ですね。もしくは、バンテージでしょうか。

矯正下着もバンテージも共通するのが、強い締め付けです。 補正下着や矯正下着の販売員は「うちの下着は着けてても苦しくないし、締め付けなんて以ての外!」とは言いますが、締め付けてこそ肉が移動できるのです。そう言う人は、半ば信者のようなもので、苦しかろうと快感なのでしょうね。

確かに苦しくない補正下着もありますが、それほど体型に変化は見られません。いいとこ着けている時だけ柔らかい肉を持ち上げているだけです。

バンテージも巻く時はギュウギュウに締めて、太い血管のある関節部分は緩く巻くだけというように、とにかく固定!締め付け!が基本です。それで一回の施術でヒップが上がったり、ウエストが細くなるのです。

このような、少々力業のような手段でいけば簡単にバストアップができます。大抵の人は脇腹や背中に余計な肉があるのですから、その肉をバストに流して固定させるのが一番簡単な方法でしょうね。

下着はバストやバスト周辺の形に沿って作られていますから肉を持って移動させるのは楽かと思います。

バンテージは少し難しいところです。ウエストの上辺りから巻き上げて、一旦バストの手前で止めてから肉を引き上げます。

そして、そのままバストの半分くらいまできたら、次は背中の肉をバストに流します。この時バストを潰さないよう、膨らみが上に来るよう形を整えましょう

大昔のベネチアの娼婦のようなバストが出来上がるはずです。バストの上半球が膨らみ、いくらでも大きくなりそうな気さえしてきます。

下着ではフルカップの物が多く、形によってはバストの上半分の肉を自在に移動しにくいので試着は必須です。

ストラップレスの物でもカップの形が合わなければバストアップ効果も薄れますし難しいところです。

着けたら、副乳の筋肉をマッサージしながらバストの上半分に優しく流すことも忘れてはなりません。

多少着けた時に苦しくても、大事な日だけと思えばキツくても我慢はできるはず。肉を移動させて固定するのが一番手っ取り早い方法なのですから、キツくなければ効果はありません。

就寝時は苦しくて眠れなくなるので無理ですが、この方法を一日でも実践すれば次の日の美乳は決まりです。

バストアップする方法

バストアップの補正下着について

バストアップのために補正下着を着けることも、美しいバストアップのためにはおすすめです。バストアップは大きくすることだけでなく、垂れないことも大切です。

特に卒乳した人の垂れケアは深刻です。母乳を出すため急激に大きくなったバストは、卒乳とともに急激に小さくなっていきます。

それによって伸び切った皮膚や筋肉を元に戻すことが必要です。また大きなバストに母乳がいっぱいになったバストを支えるために伸びきってしまったクーパー靱帯も多いはず。

クーパー靱帯が伸びてしまうと戻らないという性質があるので、専用のブラでクーパー靱帯を支えなければ垂れてしまう原因となるのです。

また補正下着としてのバストアップブラは、バストケアもしてくれますが、着けていて楽ものでなければなりません

補正下着はきちんと正常な位置に固定されるようになっています。普通のブラよりゆったり作られており、パットやワイヤーが入っているタイプのものよりずっと楽に着けていることができます。

そして楽に身に着けながらバストの成長を促し、垂れバストケアをし、形を守ってくれるという優れものなのです。

補正下着によってバストは中央にまとまり高くなり、全体にすっきりした印象となります。そして着けていて楽でありながら、バストを美しく見せてくれる下着です。

価格は幅があり、数千円のものから数万円のものまでさまざまです。自分にあった補正下着を選んでバストアップと垂れ防止のケアをしていきたいものです。

最近はバストアップブラの昼間用のものを着けている女優たち多いとのこと。特にバストの大きいことで知られている女優やモデルがブログでも紹介しているほどです。

それほど今はバストアップ下着である補正下着は夜用だけでなく、かわいいレースがたっぷりほどこされたものなど、昼間用のものも定着しているのです。

特に大きいバストの人に人気があり、優しく包んでくれるバストアップブラは着けていても体に負担がなく、肩こりなども無いと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)